Recent Posts

AGA治療のために成長因子を頭皮に注入して毛髪成長シグナルを整えよう

AGAの方の場合、多くは成長因子が不足していることが原因で薄毛になってしまっており、その点に着目して治療を行うのが再生医療技術による毛髪再生治療で、これはグロースファクター再生療法とも呼ばれています。成長因子を頭皮に補ってあげることによって毛髪成長シグナルを整えることができ、男女問わず薄毛対策をすることができるのが特徴となっており、これで注入するのは毛髪の形成に必要な成分生成をサポートするKGF、血行促進効果があるVEGF、発毛促進するAAPEやPDGFなどです。

FDAというのはアメリカの食品医薬品局のことで、一般的にAGAの治療で使用されているフィナステリドやミノキシジルなどはこのFDAに認められており、同じように成長因子を使うグロースファクター再生療法もFDAの認可をきちんと受けているので安心して施術を受けることができます。しかし薬剤の取り扱いなどに注意しなくてはならず、医療機関に一定のスキルが必要となる治療方法となっており、成長因子にミノキシジルやキュラセンなどを配合したオリジナルのカクテルを作って頭皮に注入されることが多いです。やり方はいくつかありますが、まず麻酔クリームを発毛させたい部分に塗り、そこに成長因子を塗布してダーマペンという極細の針がついたペンで頭皮に無数の小さな穴を開けて育毛カクテルを浸透させるという方法や注射で直接頭皮に育毛カクテルを注入してしまうという方法もあります。メリットとして頭皮の中に薬を注入するので外から塗布しているだけよりも効果がより高くあらわれるということがあります。しかし個人差はあるものの、2日から5日ほど肌に赤みが残ってしまうこともあり、当日は洗髪することはできません。

育毛剤と飲み薬のみで治療をするよりも効果があらわれる人が多く、個人差はあるものの、早い人ではわずか3か月ほどでその効果を実感できる人がいますし、薄毛の原因にはいろんなものがありますが、この方法であればどういう原因でも対処することができるのが良いところといえるでしょう。これだけ効果が高いものですのでどうしても費用面ではリーズナブルにできるというわけにはいかず、AGA治療は病気などとは違って治さなければ命に関わるなどの問題がありませんから健康保険の適用外になっており、薄毛治療にかかってしまう費用は全て100%自己負担になります。ですから始める前にはしっかりとカウンセリングを受けて自分には本当にこの方法が必要なのかどうかを判断したほうがいいですし、もしどうしても受けたいということであればそれぞれの専門クリニックではモニターを募集していたりしますから、費用面が気になる方はモニターに応募してみるのも一つの方法です。モニター価格であれば通常かかってしまう費用よりもかなり安く施術を受けることができるからです。グロースファクター療法を始めてからしばらくすると初期脱毛が始まり、この初期脱毛は薄毛治療をしていれば一度は通る道で、どれだけ脱毛されるかは人によって違いがあり、たくさん抜けてしまう人の中には効果が出てないと思いこんでしまってこの段階であきらめてしまう人もいます。それは実にもったいないことで、そこを乗り越える精神的な強さが必要となってくるので、ここを乗り越えることができればあとは発毛するまでの期間を自分なりにのんびりと気長な気持ちで待つのが良いですし、あまりに毛のことばかり気にし過ぎているとストレスがたまってしまい、それによって発毛の邪魔をしてしまうということがありますのであまり自分を追い詰めないで長期戦のつもりでグロースファクター再生療法に挑むのがオススメです。

AGA(エージーエー)の再生医療

男性にも女性にも見られる抜け毛が進行する症状であるAGA(エージーエー)は、基本的には飲み薬や塗り薬などで治療を行ったり、スカルプケアや頭皮マッサージを行うことにより、健康な髪の毛を育てる環境を整えていくといった対策をとっていますが、近年ではさまざまな再生医療を取り入れた未来に向けての治療法が研究されていますので、現在よりも発毛効果が期待できるでしょう。

 

毛髪再生のための治療は日々進化しており、現在注目されている治療法のひとつがヘア・クローニングで、髪の毛の毛包細胞を採取して培養し、髪の毛のクローンを作り出して植毛するという治療ですが、現時点では臨床試験を行っているところであり、実際に薄毛治療にはまだ使われていません。自毛植毛のように髪の毛をごっそり採取する必要がありませんので、術後の経過も早い回復が見込めますし、拒絶反応などの心配のない自分の毛髪を使用するため、安心して治療が受けられるというメリットがある一方で、人の毛髪は生えている箇所によって髪の色や癖などが変わってくるため、綺麗なヘアスタイルにまとまるのかどうかという点、全く毛髪が生えていない人の場合にはどうすればよいのかという点などが問題点として挙がっています。

ここで期待されているのがIPS細胞を使用した毛包再生治療で、多様性を持つ細胞を使用することで、皮膚などの全く異なる箇所から採取した細胞を培養し、毛包細胞を培養することができれば、全く髪の毛がなくなった人でも劇的な効果が期待できるといわれています。ただし、これにはまだ長期的な経過観察やさまざまなシチュエーションでの臨床試験などが必要であり、実際に製品化されるまでにはまだかなり時間が必要だといわれていますので、現時点で既に薄毛が気になっている人にとっては、他の治療法で様子を見ながら希望を持ち続けるようにするのがおすすめです。
また、多様性を持っているIPS細胞に対して、ES細胞は胚体外組織を除く、全ての細胞腫へと分化できる万能性を持っており、この性質を利用した治療方法も研究されています。基本的には、上記の治療と同じように毛包細胞を培養するといったもので、これらの細胞を使用した治療を行うことにより、従来の人工毛による一定期間の増毛や自毛をまとめて採取する危険性の高い植毛よりもより確実に、安全に増毛をすることができるようになると期待されています。これは多くの薄毛対策に関わっている企業や医療機関から注目されている研究ですが、実際に治療が受けられるようになるのはまだ先の話です。将来的には、全く薄毛や抜け毛で悩む人がいなくなる可能性もあります。さらに研究を進めて、自分の本来持っている毛髪のクセや色なども調整することができれば、くせ毛で悩んでいる人、白髪で悩んでいる人も自分の希望通りのヘアスタイルにすることも夢ではありませんし、この治療方法が世界的に広まるようになれば、需要が高くなって治療にかかる費用負担もかなり軽くなっていくことでしょう。

 

銀座総合美容クリニックのAGA治療では、育毛メソセラピーという成長因子(グロースファクター)を利用した、AGA治療が既に可能になっており、生先端のAGA治療を受けることが可能です。

 

現在では、まだこれらの細胞を使った治療を受けることはできませんが、頭皮の肝細胞を活性化させるHARG治療を利用すれば、99%以上の人が発毛効果が実感できたといわれています。現時点でも薄毛を改善させる方法はいくつもありますので、最新の治療法を取り入れており、信頼できるクリニックを探してカウンセリングを受けてみると良いでしょう。近年ではAGAに悩む男性や女性は非常に多くなっているため、全国いたるところに専門のクリニックがあり、気軽に通えるようになっています。また、薄毛に悩む人が質問や意見を交換できるサイトなども利用できます。

AGA(エージーエー)と円形脱毛症等の他の症状との違い

AGA(エージーエー)は、男性型脱毛症とも呼ばれる症状であり、成長期、退行期、休止期という毛周期を繰り返す過程において成長期が短くなってしまい、休止期に留まる毛包が多くなる事を基盤にして、前頭部から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化して短く細くなり、これらの部分の頭髪がなくなってしまうのが最終的な段階です。この症状の原因は、骨や筋肉の発達を促進する男性ホルモンのテストステロンが、還元酵素により変換されて生産されるDHTという物質が、男性ホルモン受容体毛包の毛乳頭細胞のレセプターと結合する事により、細胞増殖を抑制する増殖因子を誘導する作用を行い、成長期が短縮されてしまうという事です。

 

 

最終的には、頭頂部が無毛化してしまうので、形態的には円形脱毛症や機械性脱毛症と類似した状態となりますが、原因はあくまでも体内で生産された物質と遺伝的な要因によるものであり、他の脱毛症とは明確に違います。一般的な脱毛症で効果を発揮する血行促進や栄養補給等の成分が配合されている育毛剤だけでは、症状の進行を防止する事は出来ません。これは、DHTが生産されている限り毛母細胞の増殖が抑制された状態が継続するためで、通常であれば3年から5年程度続く成長期の状態が著しく短くなり、十分に成長することなく頭髪は抜け落ちてしまうからであり、発毛促進だけではせっかく生産した頭髪も定着する事は非常に困難となるからです。

 

 

また、思春期以降に発症する確率が徐々に高くなっていき、20歳代後半から30歳代にかけて発症するケースが多いという意味では、老化脱毛とも一部共通しており、初期の段階では皮脂の分泌量が増加するために激しい痒みを伴うという部分では薬剤による脱毛とも症状において似ている点もあります。さらに、皮脂の分泌が増加して頭皮環境が悪化するのでフケの増加という点では粃糠(ひこう)性脱毛症と似ており、自分自身で頭髪を抜くトリコチロマニアを併発するケースもあります。しかし、これらの他の脱毛症とAGAの明確に違うのは、既に世界的に効果が確認されている治療薬が開発されており、これを服用する事によって高確率で症状の進行を防止する事が可能という事です。

 

 

プロペシアは、5α還元酵素の阻害剤であり、前立腺肥大の治療のために開発された後に使用した人の頭髪の成長が確認された事でAGA治療薬として認可されています。つまり、短縮されていた成長期が長くなったという事であり、DHTの生産が抑制された事により毛周期が正常な状態に回復したという事です。この治療薬の特徴は、頭皮や頭髪に直接的なアプローチを行うのではなく、原因物質の生産に関与している還元酵素の酵素活性を低下させるという内容で、従来の方法とは根本的な部分での差異があります。ただし、良質なランダム化比較試験により効果と安全性においては高い効果がある事が確認されており、実に98パーセントの確率で症状の進行が止まったという結果が報告されています。

 
脱毛症は、たとえ頭髪が完全になくなってしまう状態にまで症状が進行したとしても生命活動には直接的な影響を及ぼす事はないので、医療機関での治療は健康保険が適用されない自由診療に分類されており、費用は全て実費となります。このために、プロペシアはAGA治療を行っている医療機関で購入する事が出来ますが、クリニックによって価格設定は違っているので、リーズナブルな価格で購入するためには、事前の比較検討を行わなくてはなりません。相場は1カ月で1万円程度ですが、長期的な使用が必要というこの治療薬の性格上、少しでも安い金額で購入する事で経済的な負担を軽くする事につながります。

エステと病院の治療法の違い

AGA(エージーエー)で悩む人は男性だけでなく、女性も多くいます。抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなって薄毛が目立つようになったときには何かしら改善のための対策を取る必要がありますが、治療内容はそれぞれ異なっていますので、まずはどこで治療を受けることができ、どのような違いがあるのかを知っておく必要があります。

 

 

薄毛の改善に効果的なプロの治療としては、発毛エステと病院が代表的なものとなっています。発毛サロンは、頭皮環境の改善や育毛剤の処方などにより、抜け毛の発生しにくい健康的な頭皮や髪を育てていくとともに、自分でも日常的なシャンプーなどのヘアケアについての見直しをしたり、マッサージによって頭皮の血行を促進させて、活発な育毛を促すといったものもあります。いずれにしても、提携している医師が常駐しているところはほとんどなく、頭皮や育毛のメカニズムなどについて研究した企業が、民間でも用意できるような改善方法を施すといったものになっており、副作用などの心配はほとんどありませんが、効果については人によってかなり差が生じやすくなっています。また、値段の差も大きく、無料や格安で一回だけお試しができるプランも用意されている傍ら、基本的なコースでも数十万、徹底的なコースになると数百万円という金額になることもありますので、自分でどこまで進めるかよく考えましょう。

 
一方、クリニックなどの病院では、医学的根拠に基づいた治療を行っており、医療機関でしか用意できない薬の処方や注射など、より効果が高い治療を受けることができます。元々、発毛エステと病院の違いは医師の有無が大きくなっており、ここでしか受けられない治療が多く、確実性と短期間での発毛を希望するのならばこちらを選ぶのがよいでしょう。クリニックでは、世界中で研究されている最新の発毛医療を受けることができますし、女性のための治療も用意されており、患者に合わせていろいろな治療の中から選ぶことができるうえ、血液検査による遺伝子チェックや頭皮チェックなど、より薄毛の原因について深く絞り込んだうえで対策を取ることができるというメリットがあります。

 
代表的な治療としては、プロペシアなどの飲むタイプの育毛剤を処方してもらったり、塗り薬を使用するほか、頭皮注射なども行ってピンポイントに気になる個所を改善していきます。また、金額面でエステに比べるとかなり魅力的になっており、数万円程度から始めることができますが、細胞活性治療などの先進発毛医療を受ける場合には、受けられるクリニックの数も限られますし、発毛エステに引けを取らない高額の費用が必要になります。治療においてごくまれに、投薬や注射による副作用などのトラブルに見舞われることもありますが、AGAの専門医は皮膚科が専門となっていますので、経過観察をしながら様々な治療を行い、異常が見つかった時には速やかに症状を和らげる対処をしてもらえるなど、安心して利用できますし、エステのような強引な勧誘もありませんので、近くに人気の高いクリニックがある人や、本格的に薄毛を改善したい人などはこちらを利用してみた方がよいでしょう。

 

 

もちろん、両方に通うこともでき、クリニックで薄毛の内部的な原因を取り除くとともに、日常的な頭皮ケアを発毛エステで行い、より薄毛を短期間で解決することも可能です。ただし、上記のように治療内容によってはかなり費用がかかってしまいますので、どれくらいの期間利用するのか、毎月の予算はどれくらいを考えているのか、あらかじめ自分でもシミュレーションしたほうがよいでしょう。治療前のカウンセリングで予算などの相談もできます。

AGA(エージーエー)に関する嘘の噂と実際の原因

AGA(エージーエー)は、生え際から頭頂部にかけての頭髪が軟毛化して細く短くなるという現象で、20代後半から30代にかけて発症するケースが多く、40歳以降には生え際が後退して頭頂部の頭髪が完全になくなってしまう最終段階が完成します。この症状は、現在では頭頂部の毛乳頭細胞に運ばれた男性ホルモンの一種テストステロンが、Ⅱ型の5α還元酵素により変換されて活性が高いDHTとなり、レセプターと結び付いた事により毛母細胞の増殖を抑制する作用がある増殖因子を誘導する事により、頭髪の成長期が短縮される事により進行するという事が判明しています。

 

 

この症状に対しては、Ⅱ型の5α還元酵素の阻害剤であるプロペシアの処方という治療法が既に確立されており、臨床試験では実に98パーセントという高確率で進行を止める事に成功しています。プロペシアが2005年に厚生労働省に承認されて販売が開始された事により、日本国内でもAGA治療が本格的にスタートしています。しかし、この治療法が確立されるまでは、タバコやストレス、睡眠不足や栄養不足等の様々な原因説が唱えられており、現在でもこれらを信じている人も少なくはありません。言うまでもなく、これらの嘘の噂に基づいた治療を行って一時的に抜け毛が少なくなったり頭髪が増加する様に症状が良化したとしても、根本的に症状が改善する事はないので惑わされない様にしなければなりません。

 

 

実際にタバコやストレスは脱毛症を誘発するのですが、AGAとは因果関係無しである事が判明しており、また初期の段階では頭皮の脂が著しく増加するのですが、これを除去しても進行を防止する事は出来ません。DHTが毛乳頭細胞の受容体と結合した事による現象であり、皮脂を取り除いても再び分泌されてしまうからです。プロペシアによりDHTの生産を抑制する事により、へサイクルが正常となるに従い皮脂の分泌量も自然な状態へと回復させるという内容で、これはこの症状は体内で生産されている物質が原因であり、頭皮や頭髪に対しての直接的なアプローチだけでは改善する事は出来ません。逆に、プロペシアは睡眠不足や栄養不足が原因の脱毛所に対しては効果が発揮される事はありません。プロペシアは、あくまでも還元酵素の阻害剤で、頭髪の成長を促進したり頭皮の状態を修復する様な作用はないからであり、元々は前立腺肥大の改善を目的として開発された治療薬です。

 

 

頭髪の成長が認められた事によりAGA治療薬として承認された結果、飲む育毛剤として広く知られていますが、脱毛症自体を改善する様な成分は一切配合されていないので、タバコやストレスにより誘発された脱毛症や栄養不足や睡眠不足による症状に対しては有効ではありません。また、プロペシアが抑制するDHTは、男性性器の形成に関与している物質であり、妊娠又は妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性が服用した場合は、赤ちゃんの男性性器の発育が阻害されてしまう可能性があるので、これらが服用する事は禁止されており、近年になり増加している女性の薄毛に対しても海外で行われた良質なランダム化比較試験により無効である事が確認されています。

 

 

この様に、様々な原因で発症及び進行する脱毛症が存在していますが、適切な方法を選択しなければ改善や進行の防止に成功する事が出来ないだけではなく、誤った知識により間違った方法を実施した場合は、副作用が生じる可能性が高くなり、頭髪だけではなく健康まで損ねてしまうという結果につながってしまいます。嘘の噂により間違った治療を行わない様にするためには、脱毛症について医学的根拠に基づいた正確な知識を認識する事が効果的です。

AGA(エージーエー)のセルフチェック方法とは

AGA(エージーエー)は遺伝が関係している場合があり、自分の頭髪の抜け毛状態によって向いている治療方法がありますのでまずはセルフチェック方法で自分の頭髪の状況を知ることが大切です。ハミルトンノーウッドと呼ばれるアメリカの医師であるハミルトン氏が分類したAGA進行のパターン7つにあてはめて調べます。Ⅰ型は薄毛が始まっていないか、始まっていても気づかない程度の方、Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅱ型vertexは抜け毛が気になり、AGAかもしれないという方もしくはすでに進行が始まりつつある方、Ⅲ型・Ⅲ型vertex・Ⅳ型は薄毛やAGAが進行している人やすでに診断がされており、治療薬を使っている方、Ⅴ型、Ⅵ型、Ⅶ型は毛が全くない部分がある方です。

 

 

これらはそれぞれのタイプによって治療方法や内容が違い、生え際・つむじの毛が両方とも薄くなってしまっているか全くなくなっている場合はⅢ型vertex以上になり、向いている治療法はフィナステリドやミノキシジル、HARG療法などがあります。HARG療法というのは今注目を浴びている最先端の毛髪再生医療のことで、直接頭皮に成長因子を注入することで毛母細胞を刺激し、毛が再生するための細胞分裂を活性化させるという方法です。これは毛を生やすだけではなく、今ある毛の成長を助ける効果があるといわれており、一般的な治療方法や女性にも効果的な方法です。

 

 

エージーエーは治療を進めることで毛がなかった場所にも産毛が生えてくることから始まり、徐々にボリュームが出てくるもので、頭の横の毛も薄くなりがちですが、しっかりと治療を行うことで毛は生えてくることが期待できますし、エージーエーだからと諦めてしまう時代はすでに終わりを告げていると言えるでしょう。現代には実にいろんな治療方法が研究されている上、実際治療薬も出てきています。有名なのはフィナステリドとミノキシジルという2つの有効成分で、フィナステリドはプロペシアやフィンペシアという薬に使われていて薄毛の原因になるといわれている男性ホルモンの働きを抑制、ミノキシジルはロゲインやポラリスなどに含まれている有効成分で塗るタイプの薬以外にもタブレットタイプもあり、血行促進させることによって毛根が活性化し、高確率で発毛を期待できます。

 

 

治療薬にはいくつか副作用が出る可能性が指摘されており、フィナステリドの場合は主に性的なものが多く、例えば性欲減退、精子の減少、睾丸痛、勃起不全などがあげられます。しかし性欲減退は1パーセントから5パーセント未満、勃起不全は1パーセント未満という確率で、非常に副作用が出るケースが少ないことがわかります。ミノキシジルは性的副作用ではなく、主なものは頭皮のかゆみとなっており、薬にアレルギーがある場合などは頭皮に炎症が起き、ふけや発疹、かぶれなどが出てしまうこともあります。フィナステリドと同じようにこちらも副作用が出る確率は非常に少なく、使用した人が皆これらの症状が出てしまうというわけではありません。現在は治療薬だけではなく育毛をサポートするシャンプーもたくさんありますし、それらは髪や頭皮に優しいものが使われている無添加シャンプーがほとんどで、治療薬と育毛シャンプーや育毛剤の併用も行なっていくと良いのですが、自分に合う合わないということもありますのでまずはシャンプーなどに自分のアレルギー物質が含まれていないかなどをチェックしておくようにしましょう。ただし一般的には薄毛の治療については保険適用外となってしまうので、全て自費治療となってしまい、治療が長引くと費用もばかになりませんから、薄毛かもしれないとちらっとでも感じた時点ですぐに病院なり専門のクリニックなりに相談に行くのがベストです。なお、管理人のおススメは銀クリの名前でしたしまれている銀座総合美容クリニックがおススメです。銀クリのテレビCMに限らず都内で最も発毛効果が高く、そして治療費用が安いとされている病院なので、漏らさずチェックしてみましょう。また、どうしても時間的に通院が難しい、もしくは金銭的に難しいという場合には、スカルプシャンプーのメソケアプラスという商品の監修も院長の正木医師が行っており、ここらへんから頭髪のケアを始めても良いかもしれません。